やさしくありたいおとみんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月が始まり、梅雨も明け、台風もやってきました。皆様、どうぞお気をつけ下さい。
今週は、ひねのさん、いずみさん、あしべさんのベル練習です。それぞれ、新曲を持って行こうと、準備に励んでいました。
その中で「からたちの花」を用意していて、
歌詞に「からたちのそばで泣いたよ。みんなみんなやさしかったよ。」という歌詞に、いい歌詞だな〜と感銘を受けました。
北原白秋先生の歌詞です。

からたちの花は、春に咲くのですね。
画像は、「季節の花300」というサイトから転載しました。

泣きたい気持ちの時、そっと寄り添える、そんなおとみんでありたいなーと思います。
メンバーにやさしさを強要する訳ではありませんが、
「みんなみんなやさしい」という歌詞は、
「みんなで音を楽しむ」「みんなが音を楽しむ」おとみんに、ぴったりな気がしました。
からたちの花のように、音楽がそばにあるだけで、やさしい気持ちになれて、みんなで音を合わせるだけで泣けることができて、ホッとできる、
日頃、泣きたくても泣けずに頑張っている人が、みんなや音に慰められる場所になればいいなーと、
思える歌詞に出会えて良かったです。

さて、「からたちの花」は、どのグループに演奏してもらいましょうか。
「この道」と同じく山田耕筰先生作曲のこの曲、できればどちらも同時に練習して、できれば記録に残したいですね〜。
演奏されないグループは、記録を観て頂くのをお楽しみにしてくださいね♪

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *